大粒径アスファルト混合物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > 混合物 > 大粒径アスファルト混合物の意味・解説 

大粒径アスファルト混合物

概要
 大粒径アスファルト混合物は、粗骨材最大粒径大きくすることと、良好骨材のかみ合わせ効果により塑性変形抵抗性摩耗抵抗性高め混合物です。
 一般的に基層以下を高締固めアスファルトフィニッシャーを用い、10~30cmの厚さで敷き均すシックリフト工法により急速施工を行うものです。また、植物性繊維添加し、舗装のきめを改良することにより表層にも適用できます。さらに中温化技術併用により混合物温度を低く設定することで交通開放時期早くでき、施工効率が向上します。
特徴
● 骨材のかみ合わせ良く、耐流動耐磨耗性優れて
  います
● シックリフト工法により急速施工が可能です
● 植物性繊維添加することにより舗装のきめを改良し、
  表層にも適用できます
● 中温化技術併用することにより、より施工効率がさら
  に向上します


大粒径アスファルト混合物

大粒径アスファルト混合物

大粒径アスファルト混合物

大粒径アスファルト混合物






大粒径アスファルト混合物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大粒径アスファルト混合物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大粒径アスファルト混合物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本道路舗装建設業協会社団法人日本道路舗装建設業協会
Copyright (C) 2019 社団法人日本道路舗装建設業協会 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS