多細胞性とは? わかりやすく解説

多細胞性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 10:17 UTC 版)

緑藻」の記事における「多細胞性」の解説

一部緑藻は多細胞性 (multicellular) であり、複数細胞密接してひとまとまりの体を形成している。ただし多細胞性と群体性間に明瞭な差はなく、その区分多分に伝統的なものである。多細胞性の緑藻多く糸状性 (filamentous) であり、ヒビミドロ属 (アオサ藻綱)、サヤミドロ属 (緑藻綱)、アオミドロ (接合藻綱下図3a) のように無分枝あるものや、スミレモ属 (アオサ藻綱) やツルギミドロ属 (緑藻綱下図3b)、コレオケーテ属 (コレオケーテ藻綱) のように分枝するものがある。またシオグサ類 (アオサ藻綱) のように大型の多核細胞からなる糸状体は特に多核有隔性 (siphonocladous) とよばれることがある (下図3c)。ヒトエグサアオサ (下図3d)、アオノリ (アオサ藻綱)、カワノリ (トレボウクシア藻綱) などは細胞層からなる葉状 (膜状) または管状の体をもつ。シャジクモ類柔組織性の節部と巨大な節間細胞繰り返しからなる特異な多細胞体をもつ (下図3e)。多くの場合陸上植物見られるような原形質連絡存在しないが、例外的にアオサ藻綱スミレモ目、緑藻綱カエトフォラ目とサヤミドロ目、コレオケーテ藻綱シャジクモ綱は原形質連絡を伴う多細胞体を形成する。ただし陸上植物見られるような複雑な組織・器官分化を伴う多細胞体をもつものは知られていない。 3a. 無分枝糸状性のアオミドロ属 (接合藻). 3b. 分枝糸状性のツルギミドロ属 (緑藻綱). 3c. 大型の多核細胞からなる多核有隔性であるキッコウグサ属 (アオサ藻綱). 3d. 葉状性のアオサ属 (アオサ藻綱). 3e. 比較複雑な多細胞体をもつシャジクモ属 (シャジクモ綱).

※この「多細胞性」の解説は、「緑藻」の解説の一部です。
「多細胞性」を含む「緑藻」の記事については、「緑藻」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「多細胞性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「多細胞性」の関連用語

多細胞性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



多細胞性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの緑藻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS