夏の曲とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 夏の曲の意味・解説 

なつのきょく【夏の曲】

箏曲(そうきょく)。嘉永安政(1848〜1860)ごろ、2世吉沢検校作曲した古今組の一。古今集の夏の部から4首を選んで歌詞したもの明治中期松坂春栄手事(てごと)を作曲挿入した。


なつのきょく【夏曲】

箏曲名古屋二世吉沢検校の「古今組」の一つ。「古今集」の夏の和歌四首を歌詞したもの前弾きは、雅楽の「拾翠楽(じすいらく)」に想を得たと伝える。のち、京都松坂春栄補作



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「夏の曲」の関連用語

夏の曲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



夏の曲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic

©2022 GRAS Group, Inc.RSS