口合いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 口合いの意味・解説 

くち‐あい〔‐あひ〕【口合(い)】

読み方:くちあい

お互いの話がよく合うこと。あいくち

間に立って口をきき仲介をすること。また、その人仲人

肝煎(きもい)り—ある内に親元確かの判を取り」〈浄・傾城酒呑童子

しゃれ。地口(じぐち)。

「人の娘に怪我さして—所ぢゃあろまいがな」〈滑・膝栗毛・七〉

舌ざわり口あたり

「いかに石部柔らかに山屋とうふの—にて」〈洒・一事千金

話のもっていき方。

「あなたは以前から我等がそやしつけて覚えてゐるなれば」〈浮・禁短気・三〉


口合い

読み方:くちあい

  1. 駄洒落地口一つ熟語言葉同音、又は似通う発音言葉をもつて、全然意味の異なる事をあらわす。「朔月二日三日四日」を「衝立拭こかか湯か」「姉は宮城野妹は信夫」を「姉を見上げる妹の背のび」。「真景累ケ渕」を「金銭借さぬが無事」これを主題として、大阪で「口合小町東京で「洒落小町」の落語がある。

分類 芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

口合いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



口合いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS