十字砲火とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 砲火 > 十字砲火の意味・解説 

じゅう じほうか じふ-はうくわ [4] 【十字砲火】


【十字砲火】(じゅうじほうか)

Cross fire
2つ以上の火器が、別々の場所から一点向けて射撃されること。
主に機関銃機関砲によって形成されることが多い。

ぶつけられる火力大きくなおかつあらゆる方向から攻撃されるために遮蔽物も限られるので、損害通常比べはるかに大きくなり、される側にとっては最悪の状態といっても良い
逆に、する側にとっては敵をその場足止めし、かつ損害効率的与えることができるので、守備においては十字砲火が形成しやすいように陣地構築するのが普通である。


十字砲火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/26 01:22 UTC 版)

十字砲火(じゅうじほうか、:Crossfire、別名:interlocking fire)は、機関銃のような自動火器を使用した戦術の1つで、2つの火器から放たれる火線が交差(Cross)するところから、クロスファイアと呼ばれる。 この戦法は、第一次世界大戦で登場した。




「十字砲火」の続きの解説一覧



十字砲火と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「十字砲火」の関連用語

十字砲火のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



十字砲火のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの十字砲火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS