今瀬剛一とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 今瀬剛一の意味・解説 

今瀬剛一

今瀬剛一の俳句

しつかりと見ておけと瀧凍りけり
咲き満ちてなほ咲く桜押し合へる
 

今瀬剛一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/28 23:25 UTC 版)

今瀬 剛一(いませ ごういち、1936年9月15日 - )は、茨城県出身の俳人。少年時代の1944年、父の生地である茨城県小松村(現・城里町)に疎開し、以後同地に住む。1959年より高校教諭として勤める。1961年、「夏草」入会。1971年、「」創刊とともに参加し能村登四郎に師事。1975年、沖賞、1979年、茨城文学賞受賞。1986年、「対岸」を創刊・主宰。2008年、句集『水戸』により第47回俳人協会賞を受賞。他の句集に『対岸』『約束』『高音』『仲間』『新船』『地力』など、俳書に『芭蕉体験・三冊子をよむ』『能村登四郎ノート』などがある。俳人協会副会長、日本現代詩歌文学館評議委員、大子町観光大使などを務める。日本文藝家協会会員 日本ペンクラブ会員。NHK俳壇講師なども務めていた。俳人の今瀬一博は息子。




「今瀬剛一」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「今瀬剛一」の関連用語

今瀬剛一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



今瀬剛一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの今瀬剛一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS