中島斌雄とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 中島斌雄の意味・解説 

中島斌雄


中島斌雄

中島斌雄の俳句

今年竹晩齢の涯蒼茫と
子へ買ふ焼栗夜寒は夜の女らも
抱き上げて冬日のにほふ子供かな
氷菓尽きぬこの人に何も与へ得ざりき
爆音や乾きて剛き麦の禾
鯉裂いて取りだす遠い茜雲
 

中島斌雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/15 13:37 UTC 版)

中島 斌雄(なかじま たけお 1908年10月4日 - 1988年3月4日)は、東京都出身の俳人・国文学者。本名は武雄。旧号月士。芝区(現港区)生。東京帝国大学文学部国文科大学院修了。近世文学、俳諧史を専攻。日本女子大学名誉教授。




「中島斌雄」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中島斌雄」の関連用語

中島斌雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中島斌雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中島斌雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS