ラチェット規定とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ラチェット規定の意味・解説 

ラチェット規定

読み方:ラチェットきてい

特定の一方向へむけた変更のみ許容され、逆行する方向への変更認められない、という内容規定

ラチェットratchet)は「つめ車」とも訳される語で、つめが引っかかることで逆回転防止する構造になっている装置を指す。経済連携協定EPA)などにおいては自由化解放結びつく法改正認められるが、規制強化結びつく改正認められない、ということになる。

2011年11月現在、TPP環太平洋経済協定)への参加の是非を巡り議論されている中で、ラチェット規定は「TPP亡国論」を著し中野剛志京都大学准教授などにより広く紹介され、注目集めている。著書TPP亡国論」では、米韓FTA盛り込まれたラチェット規定を引き合い出しながら、TPP参加デメリットを説いている。

関連サイト
米国丸儲けの米韓FTAからなぜ日本は学ばないのか - ダイヤモンド・オンライン


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラチェット規定」の関連用語

ラチェット規定のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラチェット規定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS