ラニーニャモドキとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ラニーニャモドキの意味・解説 

ラニーニャモドキ

別名:ラニーニャもどきラニーニャもどき現象

熱帯太平洋東部および西部海水温が異常上昇し、その中間中央部)の海水温逆に平年よりも低くなる、という特徴をもつ気候変動現象海水温の上下降発生位置が「エルニーニョもどき現象」とは真逆となる。

太平洋熱帯域では局地的海水温平年並み温度よりも上がったりがったりする現象がしばしば見られる中央部東部において海水温上昇し、西部では水温が低くなる現象を「エルニーニョ現象」という。これとは逆に西部水温が高くなり中央と東では低くなる現象を「ラニャーニャ現象」という。

エルニーニョ現象に似た海水温変動現象で、熱帯太平洋中央部海水温上昇するが、東部西部両側の水温は下がる場合のあることが確認され、これが「エルニーニョもどき」と名付けられた。そしてエルニーニョもどきとは逆に中央部水温が下がって東西両側では水温上がる現象が「ラニャーニャもどき」と名付けられることになった。

エルニーニョ現象ラニャーニャ現象も、双方に似た「もどき」現象も、太平洋を囲む地域をはじめ世界各地気候少なからぬ影響を及ぼしていることが知られている。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ラニーニャモドキのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラニーニャモドキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS