ボールスプラインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ボールスプラインの意味・解説 

ボールスプライン

英語 ball spline

回転力伝達を行うために、軸と穴のはめ合い部分に歯を設けたものが一般にスプライン呼ばれている。この特徴動力伝達行いながら、軸と穴の軸心方向での相対位置変えられることである。この機能は、自動車変速機プロペラシャフトなどに応用されている。しかし軸方向移動面接触であり、滑り摩擦あるため摺動抵抗増大は否めない。とくに負荷かかっている態で摺動抵抗非常に大きい。その対策としてスプラインの歯に相当する部分ボール(鋼球)を配置し転がり摩擦にして、摺動抵抗大幅に低減したものをボールスプラインという。CVT(無段変速機)の変速プーリー駆動用などに応用されている。

ボールスプライン

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボールスプライン」の関連用語

ボールスプラインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボールスプラインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS