プロメテウスの火とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > プロメテウスの火の意味・解説 

プロメテウスの火

別名:プロメーテウスの火

ギリシア神話においてプロメテウス人類にもたらした火。強大リスク大き科学技術暗喩として用いられる。

プロメテウス天界の火を盗んで人類にもたらした存在として知られる。ギリシア神話において、人間プロメテウスから火を与えられて幸福になったかというとあながちそうとは言えず、高度な文明と共に争い苦難も持つようになったという。

原子力は、しばしば「プロメテウスの火」に喩えられる。チェルノブイリ福島第一原発などで発生した原発事故のように、人間の力では制御できない高いリスク持ち制御しとおせたとしても、オンカロのように人間尺度越え膨大な時間管理が必要となる。そのような技術ありながら発電という側面においては半ば欠かすことができない技術となっているからである。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プロメテウスの火」の関連用語

プロメテウスの火のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プロメテウスの火のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS