パンヤのきとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > パンヤのきの意味・解説 

パンヤのき (木)

Ceiba pentandra

Ceiba pentandra

熱帯アメリカ原産です。いまでは熱帯各地植栽され、別名の「カポック」はマレー語由来します。高さは30メートル以上になり、幹から平に段状に張り出します。白色から淡いピンクの花を咲かせます。若芽や若い果実種子食用にされます。果実紡錘形で、なかにはパンヤ呼ばれる繊維がつまっています。この繊維は、クッションなどの詰め物利用されます。
パンヤ科パンヤノキ属の落葉高木で、学名Ceiba pentandra。英名は Kapok tree, Silk cotton tree
パンヤのほかの用語一覧
バオバブ:  ザーバオバブ  バオバブ  フニーバオバブ
パキラ:  パキラ・アクアティカ  パキラ・グラブラ
パンヤノキ:  パンヤのき
プセウドボンバックス:  シェービングブラシツリー




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パンヤのきのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パンヤのきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS