ニレチュウレンジとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > ニレチュウレンジの意味・解説 

ニレチュウレンジ

和名:ニレチュウレンジ
学名Arge captiva Smith
    ハチ目ハバチ
分布北海道本州四国朝鮮半島中国
 
写真(上):ハルニレ上のニレチュウレンジ幼虫中央の大型個体,他はハルニレハバチ)
写真(下):被害
説明
年2回発生し,幼虫ハルニレアキニレ食害する。土中マユ越冬し,成虫5月から出現し,産卵する。幼虫葉裏集団食害し,7月再び成虫現れ産卵し,8〜9月食害を行う。激しく食害された木は樹勢を失うことがある
ハルニレ上のニレチュウレンジ幼虫(中央の大型の個体,他はハルニレハバチ)

被害木




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ニレチュウレンジのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニレチュウレンジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2021 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2021 GRAS Group, Inc.RSS