ニャンサムウェアとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ニャンサムウェアの意味・解説 

ニャンサムウェア

別名:にゃんサムウェア
【英】にゃんさむウェア

ニャンサムウェアとは、PC作業妨害してくる飼い猫を指す、俗な、冗談交じりの、ついでに半ばノロケまじりの呼称である。

2020年春、新型コロナウイルス流行起因してテレワーク導入図らずも促進された。これに伴い飼い主である勤め人自宅PC向かいテレワーク取り組もうとした際、さも「構えと言わんばかりにディスプレイの手前やキーボードの上陣取るなどして作業妨害してくるの姿がSNSなどを通じて次いで報告され、ちょっとした話題になった。

ニャンサムウェアは「ランサムウェア」をもじった言い方である。ランサムウェアは、コンピュータ上のデータ勝手に暗号化するなどしてアクセスできなくし、データ開放して再びアクセス可能にする対価として身代金ransom)を要求する悪質マルウェア総称である。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ニャンサムウェアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ニャンサムウェアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリニャンサムウェアの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS