コンプレックス商法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > 商法 > コンプレックス商法の意味・解説 

コンプレックス商法

読み方:コンプレックスしょうほう

いわゆる悪徳商法のうち、容姿劣等感美しくなりたいという願望などに付け込んで、あるいは不安をあおって、法外な額の美容医療サービスを受けさせる商法

コンプレックス商法の主なものとして、薄毛、肌のシミ、わきが、包茎などの治療改善、あるいは、バストアップ脂肪吸引、顔の造作変える手術、といったものが挙げられる。

国民生活センターによれば、コンプレックス商法では「必要のない施術まで勧められて法外な費用請求された」とか「事前説明とは異な施術行われた」などのトラブルが多いとされる

関連サイト
「美容医療・契約トラブル110番」の開催について - 国民生活センター

コンプレックス商法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/18 16:08 UTC 版)

コンプレックス商法(コンプレックスしょうほう)とは、消費者劣等感や危機感を煽りコンプレックスを抱かせる事により、高額な機器や美容整形手術、薬品などの購入・契約をさせる悪徳商法。身長、体型、ニキビ跡などの肌の状態、顔の造作など、頭髪、性的魅力などで世間一般の人々と比較した際に劣っている部分に関して、コンプレックスを意識させることで勧誘を行う。コンプレックスと関係するために契約者にとっては口外しづらく、潜在的な被害者が数多く存在すると考えられている。




「コンプレックス商法」の続きの解説一覧



コンプレックス商法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンプレックス商法」の関連用語

コンプレックス商法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コンプレックス商法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンプレックス商法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS