カルク=エーレルトとは?

Weblio 辞書 > 人名 > ピティナ・ピアノ作曲家 > カルク=エーレルトの意味・解説 

カルク=エーレルト

【英】:Karg-Elert, Sigfrid
[ドイツ]  1877~1933

2007年9月 執筆者: 宮本 優美

ドイツ作曲家音楽理論家オルガニスト。カルク=エーレルトという姓は、彼が父の姓に母の旧姓加えて名乗ったものである
正式な音楽教育は受けなかったが、ライプツィヒの聖ヨハン教会聖歌隊才能を認められ、カントルから音楽の手ほどきを受ける。作曲ピアノを習っていたが、教師になるためにそれらを中断、のちにライプツィヒ音楽院奨学生となるまで、独学作曲管弦楽法を学んだ。
ライネッケらに師事し、1902年同音楽院修了マクデブルク音楽院教職に就く。しかしすぐに辞め、ライプツィヒに戻って作曲続けた。グリーグブゾーニレーガーらの支え得て、彼はハルモニウムリードオルガン)、オルガンピアノさまざまな楽器のために多数作品を生み出した。

ピアノ独奏曲

ピアノ合奏

管弦楽ピアノ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カルク=エーレルト」の関連用語

カルク=エーレルトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カルク=エーレルトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2020 PianoTeachers' National Association of Japan

©2020 Weblio RSS