abrasionとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > abrasionの意味・解説 

アブレージョン

英語 abrasion

英語のすり傷を意味する言葉からきている。グレーニング(Graining)ともいう。レース走行後、スリックタイヤ摩耗した表面状態が、マシンセッティングコンパウンド種類路面舗装状態などで少しずつ異なり、やすりをかけたようなザラザラしたささくれた態となる。この状態指してアブレージョンがきれいとか粗いとかいう表現をする。走行後のアブレージョンはできるだけ滑らかで、光の加減では黒光りして見えるのがよい状態である。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

摩耗

英語表記:abrasion

材料が他の物体との摩擦により、表面が削られてくる現象

凡例同義語は⇒、類似語は→、関連語は?で示す。

すりへり減量(骨材の)

読み方すりへりげんりょう
【英】:abrasion,abrasion value

アスファルト及びコンクリート骨材堅硬かつ強靭であることが必要とされ、この評価方法としてロサンゼルス試験方法JIS A 1121)が一般に採用されている。舗装施工便覧では表層基層砕石目標値30%以下、上層路盤目標値50%以下としている。

すりへり(abrasion)

コンクリート対するすりへりとは、表面摩耗すること。摩耗現象として、コンクリートと平行に作用するすり磨き要素と直角に作用する突砕きの2要素からなる。(abrasion=擦りむけ,摩滅)

アビラーション

(abrasion から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/31 05:47 UTC 版)

アビラーションAbrasion)は、福島県いわき市を本拠地として将来のJリーグ加盟を目指すサッカーのクラブチームである。




「アビラーション」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「abrasion」の関連用語

abrasionのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

自動反転機構付きパワーウインドウ

組立て図

遊び

2番巻き

ワゴンR

重心高さ

スプリンター

レーザーレーダー





abrasionのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2017, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2017 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2017 住友大阪セメント All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアビラーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS