深山和紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 全国和紙産地 > 深山和紙の意味・解説 

深山和紙(みやまわし)

所在地 山形県西置賜郡白鷹町深山
【主製品】 障子紙
郷土に残る古文書によれば江戸時代初期にはすでに「上り紙(のぼりかみ)」として江戸にまで送り出されるほど技術的にもすぐれたものでした。紙漉きに関する伊達文書などから推測すれば、その起源遠く室町時代末頃までさかのぼることができます

紙漉きという微妙な手技が、この 400年という長い間農民節くれ立った手で継承されてきたことは、驚嘆のほかありません。
深山和紙
深山和紙 しかも、明治時代に入って藩政崩壊機械すきによる西洋紙普及等の技術革新の嵐に吹かれながらもかたくなに古来技法守り続けてきたことは、まさに貴重な存在といえます。

現在3人の漉き手が深山紙を守っています。深山和紙はコウゾ原料として、古式豊かな手法によって漉き出される純粋な手漉き和紙です。この紙は無類強靭さを誇り風雨に晒せば晒すほど白さ増します。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

深山和紙に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「深山和紙」の関連用語

深山和紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

石州和紙

横野和紙

周桑和紙

越前和紙

ちくさ雁皮紙

笹紙

烏山和紙

高松和紙





深山和紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2016 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS