ファシリテーションとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > ファシリテーションの意味・解説 

ファシリテーション [4] 【facilitation】

〔容易にすることの意〕
グループによる活動円滑に行われるように支援すること。特に,組織目標達成するために,問題解決合意形成学習などを支援促進すること。また,そのため方法

ファシリテーション

読み方:ファシリテーション
【英】:Facilitation

ファシリテーションとは、参加者主体性を促し、多様な人材から、それぞれの経験専門分野尊重しながら各人多様な意見アイデア動機などを最大限引き出し話し合いにおける相互作用プロセスをより有効・有益にするための、働きかけを意味する。その結果問題解決新たな創造気づき学び相互理解情報共有などを促進する。

ファシリテーションは、「目的達成」、「時間」、「人の力活用」という、トレードオフにある3要素最適化しながら議論学習交流などの進行促す機能」である。
このような機能を果たす人のことを、ファシリテーターと呼ぶ。ファシリテーター以外にも、その機能部分的メンバー分担したり、(例:議論可視化別のメンバーが行う。)、設備ツール類などで機能補完したりすることもある。

ファシリテーション

「ファシリテーション」(facilitation)とは、集団組織において、対立しがちで相互理解合意形成難し問題解決支援し、参加者協働活性化促すことにより、事がうまく運ぶように舵取りをすることをいいます。狭義には「会議効果的効率的運営するための働きかけ」と解釈され、ビジネスシーンではこうした意味合いで使われるのが一般的です。メンバー発言を促したり、議論流れ整理共有して認識一致確認したり、あるいは会議そのもの段取り進行までデザインしたり、対話の場とプロセス介入する行為全般がこれに含まれます。「ファシリテーション」の能力スキルリーダーシップの一要素としても重視され、近年会議ミーティングワークショップなどの仕切り役をはじめ、さまざまな場面で「ファシリテーション」の機能を担う役割もしくはその当事者を「ファシリテーター」と呼ぶようになってきました。

ファシリテーション

【英】facilitation

企業学校地域コミュニティなどの組織会議などでグループ活動円滑に行われるように、中立的立場から支援を行うこと。またはそのための手法や技術のこと。その役割を担う人はファシリテーターfacilitator)と呼ばれる

1960年代70年代にかけて、教育ビジネス分野グループによる学習会議効率的運営する手法としてアメリカ開発され、応用されてきた。日本でもQC活動地域コミュニティ活動などで独自に進化していたが、スキルとして認識はされていなかった。21世紀入り企業変革新たなビジネス創造求められる時代になって、ようやく世界的にファシリテーションという言葉一般的となり、注目されるようになってきた。

ファシリテーター関与するプロセスには、段取り進行プログラムといった、活動目的達成するための「外面的プロセス」と、メンバー一人ひとりの頭や心の中にある、考え方筋道などの思考プロセス感情動きメンバー同士関係性など心理的プロセスの「内面的プロセス」がある。ファシリテーターチーム活動円滑に進めるための外面的プロセスと、成果満足感左右する内面的プロセスの、両方プロセス関わることで、人と人の相互作用促進する。

・ファシリテーションのスキルには、場をデザインするスキルプロセス設計)、コミュニケーションスキル傾聴復唱質問主張非言語メッセージ解読等)、構造化スキル図解フレームワーク)、合意コンセンサス形成スキル等が挙げられる。

日本ではファシリテーターとして、堀公俊氏や船川淳志氏などが有名である。

関連ページ
人材育成

ファシリテーション

ファシリテーションの原意は、「促進すること」、「容易にすること」等です。会 議やワークショップ等において参加者意見引き出し、活発な意見交換行いコミュニケーション活性化させ、成果結び付けていくことを支援することをいいます。

ファシリテーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/23 04:34 UTC 版)

ファシリテーション: Facilitation)は、会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させるリーダーの持つ能力の1つ。 コミュニケーションスキル以外にも、ルールが必要な場合の内容設定や補助、プログラムのデザイン、進め方や、さらに会議の場所や参加者の選択、日程のデザインなど、オーガナイザーやリーダーの機能を担う。 会議の場に限定される機能とするのは誤りであり、日常での組織コミュニケーション全般において、ファシリテーション技術は活用される。 また、課題を達成しようとするグループに対して公平な立場にたち、話し合いのグループ・プロセス(グループの状況)に介入してファシリテーションを行う者のことを、近年、ファシリテーター(Facilitator)と呼ぶ場合が出てきた。




「ファシリテーション」の続きの解説一覧

ファシリテーション

出典:『Wiktionary』 (2012/03/10 15:37 UTC 版)

語源

英語 facilitation音写

名詞

  1. 協働促進簡易化、助成

語源





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファシリテーション」の関連用語

ファシリテーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホソバノトサカモドキ

段ボール箱

イモリ

モッツァレラ・ディ・ブファラ

電気検層

PC-9821RsII26

東西線50系車両

排水性舗装機能回復車





ファシリテーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2017 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファシリテーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのファシリテーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS