パレート図とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > パレート図の意味・解説 

パレート図

読み方パレートず
【英】Pareto chart

パレート図とは、集計した項目の分量割合構成比)をそれぞれ棒グラフ折れ線グラフ示し、同じ図に重なるように表示した図のことである。

典型的なパレート図は、各項目の分量(たとえば発生数金額など)を値が大きい順に(降順に)並べて棒グラフ示しまた、その棒グラフで示された各項目の全体における割合折れ線グラフによって示す。これによって、各項目の全体における比重明らかになり、重要性や対応優先度判断促される

パレート図の呼び名は、「パレートの法則」を提唱した経済学者パレートVilfredo Pareto)の名にちなんでいる。パレートの法則は、複数ある要素のうち一部要素だけで全体大半占められているという見解である。このパレートの法則典型的当てはまる事象においてパレート図は明快構図を示す。

パレート図は、主に品質管理不良不具合対応)の分野において、優先的に対応すべき事項見定める際に用いられる。パレート図は「QC7つ道具」の一つにも数えられている。


パレート図

不良欠点等の要因を項目別に層別して出現度数の多い順に並べるとともに累積和を示した図。

パレート図

読み方ぱれーとず
【英】:Pareto diagram

QC七つ道具1つで, 項目別に, 出現度数大きさに並べるとともに, 累積和を示した図である. この図を描くことによって, 改善すべきvital few(数は少ないが影響大きい項目)が明確になるので, 問題解決初期において重点指向すべき改善テーマ決めるために用いる. 当初イタリア経済学者パレート(V. Pareto, 1879)が富の偏在分析するために活用した図であるためにパレート図の名前で呼ばれる.


パレート図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/08/11 00:01 UTC 版)

パレート図(パレートず)とは、値が降順にプロットされた棒グラフとその累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフである。ヴィルフレド・パレートに因んで名付けられた。ジョセフ・M・ジュランと石川馨武蔵工業大学(現東京都市大学)元学長)によって品質保証の分野で広められた。




「パレート図」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

パレート図に関連した本

パレート図に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パレート図」の関連用語

パレート図のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ThinkPad Twist

フォーサーズシステム

dynapocket IS02

iPad 2

Zune

AQUOS PHONE si SH-01E

Bluetooth Mobile Keyboard 5000 for Business

LUMIX Phone P-02D





パレート図のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2015 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリパレート図の記事を利用しております。
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2015 住友大阪セメント All rights reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2015 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパレート図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS