スマートインターチェンジとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > スマートインターチェンジの意味・解説 

スマートインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/13 07:58 UTC 版)

スマートインターチェンジは、高速道路の本線上(本線直結型)またはサービスエリア (SA)、パーキングエリア (PA)、バスストップ (BS) に設置されているETC専用のインターチェンジ (IC)である(以下、適宜英語省略形のSA、PA、BS、ICで記載)。「スマートIC」や「SIC」と表記されることもある。なお、西名阪自動車道の大和まほろばスマートICのように、一部の出入口はETCを搭載していない自動車でも利用可能なものもある。




[ヘルプ]
  1. ^ 2008年2月26日の第169回国会・衆院国土交通委員会における森本哲生議員の発言より
  2. ^ 正確には那覇方面入口のみのクォーターインターチェンジである。
  3. ^ a b c d e スマートIC本格導入について (PDF)財団法人道路新産業開発機構) … 交通量は、尼御前SA、城端SA、上郷SA、川島PAは2005年(平成17年)11月の値。それら以外は2006年(平成18年)10月の値。
  4. ^ 一般国道6号 仙台東部道路『名取中央スマートインターチェンジ』が3月18日(土)に開通します。 (PDF)”. 名取市・東日本高速道路株式会社 (2017年2月13日). 2017年2月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 高速道路開通情報”. 中日本高速道路株式会社. 2017年2月12日閲覧。
  6. ^ 北陸自動車道「小谷城スマートインターチェンジ」の開通について”. 中日本高速道路株式会社 (2016年12月20日). 2017年1月8日閲覧。
  7. ^ 「小黒川・駒ヶ岳」 スマートICの名称決まる”. 長野日報 (2016年11月8日). 2017年2月12日閲覧。
  8. ^ 東名高速道路 三方原スマートインターチェンジ3月18日(土)13時に開通します”. 中日本高速道路株式会社 (2017年2月10日). 2017年2月10日閲覧。
  9. ^ 養老SAスマートICについて”. 養老町. 2017年2月12日閲覧。
  10. ^ 3月25日(土)に舞鶴若狭自動車道 敦賀南スマートICが開通します。”. 中日本高速道路株式会社金沢支社・敦賀市 (2017年1月31日). 2017年1月31日閲覧。
  11. ^ 東九州自動車道『門川南スマートインターチェンジ』が平成29年3月25日(土曜)に開通します”. 西日本高速道路株式会社 (2017年2月10日). 2017年2月10日閲覧。
  12. ^ a b スマートインターチェンジの新規事業化・準備段階調査について (PDF)”. 国土交通省道路局 (2015年6月30日). 2017年1月8日閲覧。
  13. ^ スマートインターチェンジの新規事業化、準備段階調査の箇所を決定 〜高速道路の有効利用や地域経済の活性化に向けて〜 (PDF)”. 国土交通省道路局 (2016年5月27日). 2017年1月8日閲覧。
  14. ^ 岡山方面のランプウェイしか設置されていない坂出北ICをフルIC化するもの。


「スマートインターチェンジ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スマートインターチェンジ」の関連用語

スマートインターチェンジのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゆりかもめ

京うちわ

坑道堀削装置

法要

キャンプ

ヘイズ

7本ベルトループ

香猪





スマートインターチェンジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスマートインターチェンジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS