カニシカ王の舎利容器とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > カニシカ王の舎利容器の意味・解説 

カニシカ王の舎利容器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/14 05:19 UTC 版)

カニシカ王の舎利容器(カニシカおうのしゃりようき)は、銅箔で全面を覆われた仏教遺物で、製造年代はクシャーナ朝カニシカ王統治元年(西暦127年)にまで遡る。この遺物は7世紀、中国の巡礼によって「インドで最も高い仏塔」と記録された、ペシャーワル郊外のシャージーデリー遺跡の発掘(1908年 - 1909年)中、カニシカ王のストゥーパの地下に埋もれた小部屋から発見された。中には釈迦の3つの骨片が入っていたといわれ、1910年に英国の発掘隊によってビルマへ運び出された。それは現在、マンダレーで目にすることが出来る。舎利容器自体は現在ペシャーワル博物館に保管されている。また複製が大英博物館に所蔵されている。




「カニシカ王の舎利容器」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カニシカ王の舎利容器」の関連用語

カニシカ王の舎利容器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

つぶし玉

霜ふり

ろう接継ぎ手

92式地雷原処理ローラ

ノビ

Sportio water beat

ディティエールシカクワガタ

ベローナ





カニシカ王の舎利容器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカニシカ王の舎利容器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS