イノベータ理論とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マーケティング用語 > イノベータ理論の意味・解説 

イノベータ理論

消費者製品購入態度により5つに分類する考え方革新者早期採用者前期多数採用者・後期多数採用者・採用遅滞者の5つ。
5つの採用者の比率は、革新者(2.5%)・早期採用者(13.5%)・前期多数採用者(34%)・後期多数採用者(34%)・採用遅滞者(16%)と定義されます。これら5つのグループそれぞれ独自の価値観ら行動し、製品サービス採用行います。図からもわかるとおり、多く消費者多数消費者新し製品サービス試した後から行動を起こします。企業新し製品サービス市場投入するにあたり革新者早期採用者特性調査し、ここに絞ったマーケティングを展開してゆくことが事情に重要な課題といえます。

イノベータ理論




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イノベータ理論」の関連用語

イノベータ理論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




イノベータ理論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.

©2014 Weblio RSS