アラメとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > アラメの意味・解説 

粗目

読み方:アラメ(arame

編み物織物金網・やすりなどの目のあらいこ


荒布

読み方:アラメ(arame

褐藻類コンブ目の海藻


骨海藻

読み方:アラメ(arame

コンブ科褐藻


アラメ

読み方:あらめ
【英】:eisenia bicyclis

海藻干潮線付近から深さ5mほどの外海岩礁生育多年生で、2年目以降付け根である先端部が二叉するようになる。各叉状に5~15葉片をつけ、体は1.5mの高さに達する。群落形成し、アラメ藻場呼ばれる。主に外洋性。岩礁性。

滑海藻

読み方:アラメ(arame

古くから用いられた海藻の名。

別名 荒布


荒布

読み方:アラメ(arame

コンブ科海藻

別名 海帯、搗布黒菜搗布(かじめ)


アラメ Eisenia bicyclis (Kjellman) Setchell

コンブ目 コンブ科 (Laminariales Laminariaceae)
生育場所
アラメ 生態写真2
生育場所
低潮線付近から潮下帯岩上
分   布
本州太平洋北・中部九州北岸
タイプ産地
横浜長崎
アラメ 生標本写真
(生標本写真)
アラメ 二叉部分写真
二叉部分写真)
アラメ 生標本写真・1年目
(生標本写真・1年目
アラメ 生標本写真・1年目後半
(生標本・1年目後半
アラメ 生態写真2
生態写真2)
アラメ 生態写真3
生態写真3)
アラメ 生態写真4
生態写真4)

からだは二叉別れ長い先に多くをつけ,言わば2本の“はたき”の状である。異型世代交代(普通に目にするのは巨視的胞子体であり,配偶体は数mm微視的糸状体である)を行い,はたきの様な体(胞子体)は多年生で,3~8年寿命があるという。夏から秋にかけて成熟し,多数遊走子放出する。遊走子発芽して雌雄微視的糸状体配偶体)となり,それらの卵・精子受精して元の体(胞子体)となる。3月頃に発芽した1年目体は,短い笹の葉状の中央付け生長するとその両縁に数の側羽状に付けるが,秋に中央末枯れが起こる。2年目からはの先が二叉分岐し,それぞれの分叉先からたくさんのを出す。状部は1~2mになる。本種は潮間帯下部から潮下帯岩礁上に密な群落形成し,その群落はアラメ場や海中林などと呼ばれ,魚介類産卵発育の場になっている

アラメや近縁のサガラメの部は日本各地古くから食用とされており,また体から抽出されるアルギン酸いわゆる粘性多糖類であり,安定剤として食品添加物として利用されてきた。和名のアラメはワカメ若布)より荒い感じがする「荒布」からきている。

銚子漁業関係者はアラメのことを”かじめ”と呼んでおり,茨城県大洗海岸でも同様である。アラメの近縁種にもカジメという海藻がおり,それはの先が二叉分かれない種類である。アラメとカジメ同所的生え場合,垂直的にはアラメがカジメより浅いところに生育し,平的にはアラメはカジメ生育ていない北方域まで分布している。カジメ大原沿岸には普通に生育しているが,銚子では見られないので,九十九里海岸どこかでカジメの分布北限があると思われる文献上のカジメの分布域は大洗までとされている。

高さ:1~2m


荒和布

読み方:アラメ(arame

コンブ科褐藻

学名 Eisenia bicyclis


荒布

読み方:アラメ(arame

コンブ科褐藻

学名 Eisenia bicyclis


荒布

読み方:アラメ(arame

カジメ別称
コンブ科褐藻

学名 Ecklonia cava


阿羅女

読み方:アラメ(arame

コンブ科褐藻

学名 Eisenia bicyclis


阿良米

読み方:アラメ(arame

コンブ科褐藻

学名 Eisenia bicyclis


骨海藻

読み方:アラメ(arame

コンブ科褐藻

学名 Eisenia bicyclis


荒布

読み方:アラメ(arame

ヨード原料になる海藻

季節

分類 植物


アラメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/16 00:03 UTC 版)

アラメ(荒布、学名Eisenia bicyclis)は、コンブ目 レッソニア科アラメ属に属する褐色の褐藻の1種である。長さは0.5〜1mで、二股に分かれた茎部の先にはたきのような側葉を持つ(種小名も「二輪の」という意味である)。水深2〜3mの岩礁上に密な群落(海中林)を形成する。アワビなどの貝類を含む無脊椎動物魚類の生育場所や餌として重要な位置を占める海藻である。


  1. ^ a b 吉田忠生・吉永一男 (2010) 日本産海藻目録(2010年改訂版), 藻類 Jpn.J.Phycol. (Sorui) 58:69-122, 2010
  2. ^ アラメ Biological Information System for Marine Life 国立研究開発法人海洋研究開発機構
  3. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p17 昭和33年12月25日発行
  4. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p18 昭和33年12月25日発行


「アラメ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アラメに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アラメ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

アラメのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キンイロハンモン

イチメガサ

コトジツノマタ

ムチモ

フダラク

ツルモ

カイゴロモ

コモングサ





アラメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2017 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
海藻海草標本図鑑海藻海草標本図鑑
Copyright (C) 2017 千葉大学海洋バイオシステム研究センター 銚子実験場 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS