ねじの強度区分とは?

Weblio 辞書 > 工学 > ねじ用語 > ねじの強度区分の意味・解説 

ねじの強度区分

ねじの強さを表すものとしては、引張強さ硬さ降伏点または耐力保証荷重等がありますが、おねじの強さ一般的に強度区分が用いられます。
  鋼製ねじ部品場合以前は『4T』,『5T』等のように、数字とTの記号表示されていましたが、現在は『4.6』,『8.8』のように、数字のみに表示変更されました。これらの数字記号の意味は、以下のようになります。
  『4T』,『5T』の表示・・・最初数字は、最小引張強さkgfmm2で表した数字1/10の値を示し、2番目のTは、tensile strength引張強さ)を頭文字を意味しています。従って、4Tというのは、引張強さ最小値40kgfmm2を示すことになります。
  『4.6』,『8.8』の表示・・・最初数字は、最小引張強さをN/mm2で表した数字の1/100の値を示し、2番目の数字は、下降伏点または耐力引張強さとの比の10倍の値を示し下降伏点または耐力引張強さの何%あるかということを表します。従って、4.6というのは、引張強さ400N/mm2で、下降伏点または耐力400N/mm260%=240N/mm2ということを示すことになります。
  ステンレス鋼製ねじ部品場合は、材料の鋼種区分強度区分組合せ性状区分で表し、『A2-70』のように表示され、これらの数字記号の意味は、以下のようになります。『A2-70』の表示・・・最初の2の文字 及び 数字は鋼種区分示し後ろ強度区分を示す2数字は、最小引張強さをN/mm2で表した数字1/10の値を示す。従って、A2-70というのは、オーステナイト系ステンレス鋼A2SUS 304SUS 305SUS XM7他)を用いて冷間加工した引張強さ700N/mm2上のものを示すことになります。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ねじの強度区分のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ねじの強度区分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2014 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.

©2014 Weblio RSS