チャーリーズ・エンジェル リメイク等

チャーリーズ・エンジェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 06:15 UTC 版)

リメイク等

映画

チャーリーズ・エンジェル (2000年)
本シリーズを題材にした映画化。エンジェルは新メンバー。
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル (2003年)
上記の続編。
チャーリーズ・エンジェル (2019年の映画)
上記の映画2作の続編という位置付けであるが、エンジェルやチャーリーの出演者は一新されている。

テレビ番組

チャーリーズ・エンジェル・ストーリー[7](2004年)
本シリーズ制作の内幕を描いたドラマ。いわゆる再現ドラマで、当時のエンジェル役の女優を、現代(本ドラマ製作当時)の女優が演じている。
新チャーリーズ・エンジェル[8](2011年)
2011年9月よりABCで放送されたリブート版。舞台をロサンゼルスからマイアミへ移し、シリアスなドラマとなる。
映画版のエンジェルの一人でプロデューサーでもあったドリュー・バリモアが製作総指揮として参加している。低視聴率のため全7話で打ち切られた。

パロディ、オマージュ

Cherry Girl
倖田来未主演、本人のオリジナルアルバムBlack Cherry」に収録されたDVDドラマ。チャーリーズ・エンジェルにインスパイアされて作られたとおもわれる[要出典]
いちご100%
ヒロインの東城綾・西野つかさ・北大路さつきが扮する、文化祭の映画撮影用として登場。
サラリーマンNEO
NHK総合テレビジョン。2009年のシーズン5にて、当作品のオマージュとも取れる[要出典]パロディー「派遣エンジェル」が放送された。演者は中田有紀原史奈奥田恵梨華の3人であった。
レイクエンジェル
消費者金融会社レイクのテレビ広告。出費のピンチにスポーティな衣装の白人女性3人が現れ、『レイクエンジェル』を名乗り、それぞれで「レ」「イ」「ク」の人文字を描く。
ポケモン不思議のダンジョンシリーズ
時・闇・空の探検隊超不思議のダンジョンに登場する探検隊チームの1つである『チャームズ』が本作品をオマージュして作られたもの。
構想自体は『時・闇』の攻略本に、本作を意識したイラストを面白半分で載せたもので、そこからイメージが作られていった。[9]
ポチャーリーズエンジェル
ぽっちゃり女優三名出演のAV

  1. ^ 読売新聞 縮刷版』読売新聞社、1980年2月9日ラジオ・テレビ欄。 
  2. ^ パイロット版の『チャーリーズ・エンジェル/ぶどう園乗っ取り殺人事件』にはもう一人、スコット・ウッドヴィル(演:デヴィッド・オグデン・スティアーズ)という男性スタッフが登場する。チャーリーは彼としか会わないとされている。
  3. ^ 視聴者の前にも顔は晒さない。画面に登場するのは、後姿や腕などに留まる。また、エンジェルたちが見ていないだけで、「実はさっきまで傍にいた」と言われ、驚くこともある。最終シーズン最終回では、ケリーの入院先に姿を見せたが、他の医療スタッフに紛れ、顔もマスクで隠していた。
  4. ^ オープニングはメンバーの顔触れに合わせて変更されているため、シーズン1、シーズン2と3共通、シーズン4、シーズン5の4種類がある。シーズン5はジュリーの出自が違うので、過去3パターンとナレーションにも差が出ている。
  5. ^ : WALKING IN THE RAIN
  6. ^ : JUST ANOTHER LOVER TONIGHT
  7. ^ : Behind the Camera:The Unauthorized Story of Charlie's Angels
  8. ^ : Chalie's Angels
  9. ^ チュンソフト編、スタジオベントスタッフ著『ポケモン不思議のダンジョン空の探検隊 公式パーフェクトガイド』における開発スタッフへのインタビュー記事より。なお、固有名詞にあたるためか、本作の名前は伏せられている。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

チャーリーズ・エンジェルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チャーリーズ・エンジェルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャーリーズ・エンジェル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS