mazindolとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > mazindolの意味・解説 

マジンドール

分子式C16H13ClN2O
その他の名称:マジンドール、42-548、Mazindol、SA-42-548、5-(4-Chlorophenyl)-2,5-dihydro-3H-imidazo[2,1-a]isoindol-5-ol、5-(4-Chlorophenyl)-2,3-dihydro-5H-imidazo[2,1-a]isoindol-5-ol、マジルデン、サノレックス、SaH-42-548、Mazildene、AN-448、テロナック、Teronac、Sanorex
体系名:2,5-ジヒドロ-5-(4-クロロフェニル)-3H-イミダゾ[2,1-a]イソインドール-5-オール、5-ヒドロキシ-5-(p-クロロフェニル)-2,3-ジヒドロ-5H-イミダゾ[2,1-a]イソインドール、5-(4-クロロフェニル)-2,3-ジヒドロ-5H-イミダゾ[2,1-a]イソインドール-5-オール、5-(4-クロロフェニル)-2,5-ジヒドロ-3H-イミダゾ[2,1-a]イソインドール-5-オール


マジンドール

薬物マジンドール
英名mazindol
化合物名or商品名サノレックス
分子式C16H13ClN2O
分子データ
用途食欲抑制剤中枢神経興奮剤(多幸感覚醒作用)
副作用
胎,授乳児への影響安全度
備考面倒な耐性身体的依存性を生じる
融点198199
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

マジンドール

(mazindol から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/27 09:16 UTC 版)

マジンドール(Mazindol)は、食欲抑制薬である。2007年現在、食欲抑制剤としては日本で唯一承認されており、サノレックスの商品名で、ノバルティスファーマから販売されている。適応は食事療法や運動療法の効果が不十分な場合の高度肥満症[1]のみである。また医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律における習慣性医薬品に指定される[2]。劇薬である[3]


  1. ^ 高度肥満症とは、肥満度が+70%以上あるいは、ボディマス指数 (BMI)が35以上である。
    肥満度(%)=(実体重-標準体重)/標準体重×100
    BMI = 体重(kg)÷(身長(m)× 身長(m))
  2. ^ 厚生省, “薬事法第50条第9号の規定に基づき習慣性があるものとして厚生労働大臣の指定する医薬品 通知本文” (プレスリリース), 厚生労働省, http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_document.cgi?MODE=hourei&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&EFSNO=627&PAGE=1 2014年2月16日閲覧。 
  3. ^ a b c d ノバルティスファーマ 2013.
  4. ^ *松下正明(総編集) 「IV 国際向精神薬条約」『薬物・アルコール関連障害』 編集:牛島定信、小山司、三好功峰、浅井昌弘、倉知正佳、中根允文、中山書店〈臨床精神医学講座8〉、1999年6月、109-123頁。ISBN 978-4521492018


「マジンドール」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「mazindol」の関連用語

mazindolのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

筑紫萩

台紙

ニホンカモシカ

ダグラス式DC-9-81型

腓骨

香の里史料館

第八十一玉高丸

サイドローディング





mazindolのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマジンドール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS