VM-Tとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > VM-Tの意味・解説 

【VM-T】(ぶいえむてぃ)

VM-T《Атлант》(アトラント(アトラス))

ミヤシチョフ設計局OKB)がM-4バイソン戦略爆撃機ベースとして開発した規格外大型貨物機
NATOコード付けられていない

旧ソ連宇宙開発事業際しロケットエンジン宇宙船など規格外超大型貨物運搬するために用いられた。
M-4空中給油機改修型である3MN-2 (3МН-2)“バイソンC”に順じた設計で、背面円筒形巨大コンテナを持つ。

その奇怪形状によって世界中航空関係者注目を(悪い意味で)集めた。
ソビエト空軍当局をして「本当に飛べるのか」と疑問視せしめ、実際操縦性極めて劣悪であったという。
既存操作系では到底扱えないと判断されたのか、M-4シリーズ唯一フライバイワイヤー改修されている。
なお、奇跡的墜落事故は生じていない

現在では後継であるAn-225"ムリヤ"に交代し、コンテナ小型のものに換装して補助的輸送業務を行っている。

関連エネルギア ブラン

スペックデータ


参考リンク http://members.at.infoseek.co.jp/aozora5103/vm-t.html



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

VM-Tのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



VM-Tのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2018 Weblio RSS