Rana limnocharisとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > Rana limnocharisの意味・解説 

ヌマガエル

和名:ヌマガエル
学名Rana limnocharis
    カエル目
分布関東以西本州四国九州琉球列島分布する。大陸東南アジアにも分布
 
写真(上):ヌマガエル成体
説明
主に水田生息するが,八重山個体群森林にも生息する。西日本暖地水田ではアマガエルについで普通な種である。関東地方には最近移入されたらしい区別点:ツチガエルとは,覆面皮膚白くすべすべであることで区別できる。鳴き声:ゲッ,ゲッ,といういかにもカエルの声だが,他にも様々な鳴き方をする。
ヌマガエル成体


沼蛙

読み方:ヌマガエル(numagaeru)

アカガエル科カエル

学名 Rana limnocharis



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Rana limnocharis」の関連用語

Rana limnocharisのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Rana limnocharisのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS