FOMCとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 外国為替用語 > FOMCの意味・解説 

FOMC(Federal Open Market Committee)


連邦公開市場委員会(FOMC:Federal Open Market Committee)


FOMC

読み方エフ・オー・エム・シー
英文正式名Federal Open Market Committee
日本名(略称):米連邦公開市場委員会

連邦準備制度機関1つで、公開市場操作方針決定司るFRB理事7名+地区連銀総裁5名(ニューヨーク地区連銀の他4名はその他地区連総裁輪番担当)の12名で構成。FOMC会合は年8回行われる。

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

FOMC(エフ・オー・エム・シー)

Federal Open Market Committeeの略、米連邦公開市場委員会のこと。米連邦政府金融政策決定機関です。

連邦公開市場委員会

(FOMC から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/22 03:54 UTC 版)

連邦公開市場委員会(れんぽうこうかいしじょういいんかい、英語: Federal Open Market Committee; FOMC)とは、アメリカ合衆国金融政策の一つである公開市場操作(国債買いオペなどを通じて金融機関の資金需給を調節すること)の方針を決定する委員会のこと。


  1. ^ a b c d Federal Open Market Committee (英語) FOMCの公式ページ。ここには2015年の委員に加え、2016年から2018年までの3年間に委員に就く予定の連銀総裁が示されている。
  2. ^ 副議長と5人(欠員がない場合)の理事。
  3. ^ 4つのグループは以下の通り。第1グループ:ボストン連銀、フィラデルフィア連銀、リッチモンド連銀。第2グループ:クリーブランド連銀、シカゴ連銀。第3グループ:アトランタ連銀、セントルイス連銀、ダラス連銀。第4グループ:ミネアポリス連銀、カンザスシティ連銀、サンフランシスコ連銀。(出典:上掲脚注2のFOMC公式ページ)
  4. ^ FRB: Lael Brainard(略歴)(英語)
  5. ^ FRB: Stanley Fischer(略歴)(英語)
  6. ^ FRB: Jerome H. Powell(略歴)(英語)
  7. ^ FRB: Daniel K. Tarullo(略歴)(英語)
  8. ^ Cleveland Fed: Loretta J. Mester(略歴)(英語)
  9. ^ New York Fed: Michael Strine(略歴)(英語)


「連邦公開市場委員会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「FOMC」に関係したコラム

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「FOMC」の関連用語

FOMCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



FOMCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2019MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2019 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの連邦公開市場委員会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS