Averrhoa bilimbiとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > Averrhoa bilimbiの意味・解説 

ビリンビ (長葉の五斂子)

Averrhoa bilimbi

Averrhoa bilimbi

Averrhoa bilimbi

インドネシアモルッカ諸島原産です。現在では熱帯地域各地植栽されています。高さは9~18メートルになります奇数羽状複葉で、長楕円形の小葉1137個ほどつきます。幹や古いから円錐花序をだし、暗赤色の花を咲かせます。果実円筒状で、果肉酸味強くカレーピクルス利用されます。和名では「ナガバノゴレンシ(長葉の五斂子)」と呼ばれます。
カタバミ科ゴレンシ属常緑高木で、学名は Averrhoa bilimbi。英名は Bilimbi, Cucumber tree, Tree sorrel
カタバミのほかの用語一覧
カタバミ:  芙蓉酢漿草  花酢漿草  薄赤酢漿草  赤酢漿草  酢漿草
ゴレンシ:  ビリンビ  五斂子

三念

読み方:ビリンビ(birinbi)

カタバミ科常緑小高木

学名 Averrhoa bilimbi



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Averrhoa bilimbi」の関連用語

1
100% |||||

2
58% |||||


Averrhoa bilimbiのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Averrhoa bilimbiのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS