黒土地帯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地図 > 地帯 > 黒土地帯の意味・解説 

チェルノーゼム

(黒土地帯 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/16 10:23 UTC 版)

黒土(こくど、またはくろつち、英語: Black soil)は東ヨーロッパ北アメリカ中国東北部など世界の各地にあり、非常に肥沃な黒色の土壌成帯土壌)で、農業に適している。特にウクライナからシベリア南部にかけてのポントス・カスピ海草原に分布する黒土がチェルノゼムロシア語: чернозём[tɕɪrnɐˈzʲɵm]、英文でchernozem)と呼ばれ、小麦の栽培地として有名で、他の地域の黒土も地質学者によりそう呼ばれるようになった。本来の発音は「チルナズョーム」に近く、最後の音節に強勢があるが、日本語では慣用的に「チェルノゼム」、しばしば「チェルノーゼム」と表記される。


  1. ^ 「自然地理のなぜ47」ISBN 4817604050


「チェルノーゼム」の続きの解説一覧



黒土地帯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒土地帯」の関連用語

黒土地帯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黒土地帯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチェルノーゼム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS