鶺鴒台とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 鶺鴒台の意味・解説 

せき れいだい [0] 【鶺台】

伊弉諾尊いざなきのみこと)・伊弉冉尊いざなみのみこと)が、鶺鴒男女交合の道を学んだという伝承から〕
婚礼式場供える床飾りの一。島形もしくは州浜形で、足は雲形。岩を根固めに置き、鶺鴒雌雄一番(ひとつがい)を飾る。

鶺鴒台

読み方:せきれいだい

  1. 閨房用具一種なり。天保頃の『花紋天の浮橋』に、「鶺鴒台は閑月庵山暁が戯に工風を以て製する所なり」とあり。
  2. 鴒台。閏房用具の一。様の小形のものにして性交際し女子の臀の下に敷くもの。日野小間物と称し、江戸両国横山町二町目日野主人閑月庵の工夫製出せるものにして同店より売出せり。「江戸名物選」に其図及詩あり。梅花堂の詩に「記取遊仙窟、一趣鴒」とあり。「花絞天の浮橋」に「鴒台は閑月庵山暁が戯に工風を以て製する所なり」とあり。
  3. 女の尻の下へ敷く様のもの也。『江戸名物詩選』に其図及詩あり。両国横山町二丁目日野小間物店にて售る主人閑月庵が工夫し出せる由なり。
  4. 交接の時、女の尻の下にあてがうのこと。「セキレイ参照
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鶺鴒台」の関連用語

鶺鴒台のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鶺鴒台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS