鶴の巣籠とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 邦楽古典作品一覧 > 鶴の巣籠の意味・解説 

つる【鶴】 の 巣籠(すごもり)

抱卵のために巣に籠ること。《季・春

囲碁で、追落としの手筋の一つ。並んだ三子の石の片面全部つまり、両脇もつまって、相手の石が両方とも囲むように伸び切っている場合ダメ三つ空いていても、その石は逃げられない。捨石を放って絞った形が鳥の巣似ているところからこの名が起こった。江戸時代には「鶯の巣ごもり」ともいった。


つるのすごもり【鶴の巣籠】

邦楽曲名

[一] 尺八曲。普化(ふけ)尺八中宗教的でない曲。子を育てその子巣立って別れるまでの親喜び悲しみ表わす琴古流では「巣鈴慕(そうかくれいぼ)」という。「仮名手本忠臣蔵九段目虚無僧姿の加古川本蔵が吹くので有名。

[二] 胡弓曲。検校作曲。ひな松風を歌っためでたい歌詞手事(てごと)四段をもち、その中で擬音きかせる

[三] 地唄作曲年代作詞者作曲者など不明。「朝日さす」で始まるめでたい曲で、友鶴男女愛情を託した歌詞からなる


鶴の巣篭

読み方:ツルノスゴモリ(tsurunosugomori)

初演 寛政9.11(大坂中山与三郎座)

音曲


鶴の巣篭

読み方:ツルノスゴモリ(tsurunosugomori)

初演 享保6.11(江戸・中村座)



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鶴の巣籠」の関連用語

鶴の巣籠のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鶴の巣籠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS