順番交替とは? わかりやすく解説

順番交替

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 10:02 UTC 版)

会話分析」の記事における「順番交替」の解説

順番交替は、会話をおこなうにあたって欠かすことのできない基本的な手続きである。会話では、話し手となることができるのそのつど一人だけである。誰かが話し手になっているときには他の人聞き手になり、次に別の誰かが話し手になれば、今まで話し手だった人は聞き手になる。だから、最初から最後まで一人の人が話し続けるのでないかぎり、会話には話し手交替、つまり発言の順番交替がある。会話分析確立したのは、いつ誰がどのように話し手となるかがあらかじめ決まっていない日常会話で、その順番交替がおこなわれる手続きを、サックスたちがあきらかにしたことによるサックスたちによれば日常会話の順番交替がどのようにおこなわれているかは、次のふたつの点に注目することでわかる。 ひとつは、今の話し手発言が、いつ終わるかという点である。今の話し手発言終わる場所は、別の人が話し手となる機会生まれる場所なので、その場所がわかることは、会話参加している人たちにとって重要なことである。サックスたちは、話し手発言にはそれがどこで終わるのかを予測可能にする要素あること、そして聞き手はその要素注意を払って予測おこなっていることを指摘している。 もうひとつは、今の話し手発言終わるとき次に誰が話し手となるかという点である。これは次のような手続きによって決まる。 (1)今の話し手発言終わってもよい場所にきたときに(1aそこまでにもし今の話し手次の話し手指定(名前を呼んだり質問向けたり)していれば、その指定された人が次の話し手となる権利と義務を持つ。 (1b)もし今の話し手次の話し手指定してなければ聞き手のうち最初に話し始めた人が、次の話し手となる権利と義務を持つ。 (1c)そして(1a)と(1b)のどちらも起きなければ今の話し手はさらに話し続けてもよい(話し続けるなら、順番交替起こらない)。 (2)(1c)によって今の話し手話し続けたときは、再度その話し手発言終わってもよい場所来たときに、(1a)〜(1c)の手続き繰り返される。 こうして、今話している人の発言終わってもよい場所がくるたびに「次に誰が発言順番をとるか」をそのつど決め手続きあることで、日常会話の順番交替は成し遂げられている。あらかじめ誰がどれくらい話すか決まっていない日常会話円滑な順番交替ができるのは、人びと会話しながら、常にこの手続き気にかけているからなのである

※この「順番交替」の解説は、「会話分析」の解説の一部です。
「順番交替」を含む「会話分析」の記事については、「会話分析」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「順番交替」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

順番交替のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



順番交替のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの会話分析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS