讚岐典侍とは?

さぬき‐の‐すけ【讚岐典侍】

讚岐典侍日記」の作者本名藤原長子。父は讚岐入道藤原顕綱(あきつな)、姉は藤原俊成外祖母伊予三位兼子で、共に歌人堀河天皇典侍(てんじ)となり寵愛をうけたが天皇死により宮中を退く。のち白河院の命により鳥羽天皇仕えたが病で退いた。生没年不詳


藤原長子

(讚岐典侍 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 00:25 UTC 版)

藤原 長子(ふじわら の ちょうし、承暦3年(1079年)頃 - 没年不詳)は、平安時代後期の女官である。『讃岐典侍日記』の作者。父は讃岐入道藤原顕綱。兄に家通、姉に藤三位(とうさんみ)と呼ばれた堀河天皇乳母の兼子女房名讃岐典侍(さぬきの(ないしの)すけ)。


注釈

  1. ^ 堀河天皇と概ね同世代とし、長子22歳頃と仮定する研究者もいる(森田(参考文献))。
  2. ^ 「今朝供御薬 陪膳新典侍藤原長子 顕綱女也 夜前任典侍」(『中右記』 康和四年正月一日条)
  3. ^ 堀河天皇の後宮に有力な寵妃が乏しく(中宮篤子内親王は19歳年上の叔母であり、唯一の女御藤原苡子は皇子出産後すぐに没している)典侍達がその立場にあったと想像される(大内(参考文献))。
  4. ^ 白河院と中宮璋子の秘事の告発とも推測されている(保立道久 『平安王朝』 191 1996年11月20日 岩波書店 ISBN 4-00-430469-5)。
  5. ^ 「伊予守語云 候内裏故讃岐前司顕綱姫 字讃岐前典侍 此間称先朝御霊 堀川院 奏種々雑事 己及大事 仍召彼兄和泉前司道経 邪気間暫不可令参内之由 被召仰云々 是上皇御気色也」(源師時長秋記元永二年八月廿三日条)
  6. ^ 大友洋子 「讃岐典侍日記作者考証--藤原長子俊成卿母のことについて」 『女子大国文』 (10) 1958年10月 京都女子大学国文学会

出典

  1. ^ 『讃岐典侍日記』 序
  2. ^ 森田(参考文献)
  3. ^ 『徒然草』 第百八十一段
  4. ^ 秋山(参考文献)


「藤原長子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

讚岐典侍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



讚岐典侍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの藤原長子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS