肩パンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 肩パンの意味・解説 

肩パン

読み方:かたパン

肩に拳固食らわせること。肩へのパンチ

肩パン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/12 08:38 UTC 版)

肩パン(かたパン)は相手のパンチを繰り出し面白がるという行為。肩パンチの略称。スキンシップ行為や罰ゲームなどの遊びの一種[1]


  1. ^ 例として「ジャンケンで負けた者が叩かれる」(野洲高校サッカー部いじめ事件、神奈川県津久井町立中野中学校いじめ自殺事件など)
  2. ^ 『いじめ対応ハンドブックI's(アイズ)』2007年10月、埼玉県教育委員会[1] P.28
  3. ^ いじめ発見のチェックポイントに「見えない部分にあざや傷がないか」がある[2]
  4. ^ 『みんなで国語辞典』2006年、北原保雄監修、「もっと明鏡」委員会編、大修館書店 ISBN 9784469221886
  5. ^ 沖縄県医師会会報[3]。学校医、下地氏の発言に拠る。
  6. ^ a b 毎日jp「新教育の森」


「肩パン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「肩パン」の関連用語

肩パンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



肩パンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肩パン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS