糸かがり綴じとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 糸かがり綴じの意味・解説 

糸かがり綴じ

読み方いとかがりとじ

糸かがり綴じとは、糸を用いて製本する手法のことである。

糸かがり綴じの手法は、まず、折丁ごとに束ね用紙の背の部分に数ミリ程度切り込みを入れ、麻糸絹糸を通す。次に別の糸を折丁ごとに先ほどの糸を巻きつけながら垂直の方向に通す。いわゆる「かがり縫い」と呼ばれる縫い方に似た手法用紙束ねる最後に和紙を糊を塗り束ね用紙の背の部分貼り付ける

糸かがり綴じは、比較的強い衝撃にも耐えられる製本手法で、主に辞書事典といったページ数の多い書籍に用いられる。

産業・技術のほかの用語一覧
システム開発:  システム障害  ソフトウェアアップデート  デベロッパ
印刷・DTP:  糸かがり綴じ  DTP  DTPソフト  バリアブル印刷


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「糸かがり綴じ」の関連用語

糸かがり綴じのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



糸かがり綴じのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ糸かがり綴じの記事を利用しております。

©2018 Weblio RSS