生食用牛肉の表面加熱処理とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 生食用牛肉の表面加熱処理の意味・解説 

生食用牛肉の表面加熱処理

読み方:せいしょくようぎゅうにくのひょうめんかねつしょり

2011年4月焼き肉チェーン店において提供されたユッケが元で発生した集団食中毒事件を受け、厚生労働省2011年8月末に発表した、食品衛生法に基づく生食用牛肉取り扱い基準

生食用牛肉の表面加熱処理に関する基準では、食肉加工業者が肉を切り出し場合すみやかに60度以上の熱で2分以上、表面加熱処理を行うことが義務けられるまた、生食用ではない牛肉を生で提供することは厳罰対象となり、違反者には営業停止処分などが科されるようになる。

2011年9月1日現在、生食用牛肉の表面加熱処理を含んだ新し規格案は厚生労働省審議会了承を受けた段階にあり、2011年10月にも施行される予定となっている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生食用牛肉の表面加熱処理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



生食用牛肉の表面加熱処理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS