準工業地域とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 住宅用語 > 準工業地域の意味・解説 

準工業地域

工業用途地域1つ。すでに一般住宅工場工場施設との混在進んでいる工業エリアにおいて、環境悪化もたらすおそれのない工場等の利便性高めるために指定されるもの。環境悪化もたらすおそれがない工場工業としては、作業場が50m2以下のパン工場などの食品製造加工工場作業場が150m2以下の自動車修理工場などがあげられる。

準工業地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/06/22 10:53 UTC 版)

準工業地域じゅんこうぎょうちいき)は、都市計画法による用途地域の一つで、主に環境悪化の恐れのない工場の利便を図る地域である。住宅や商店など多様な用途の建物が建てられる用途地域であり、土地利用の選択肢が多い反面、しばしば住宅と工場・遊戯施設などが混在し、騒音などのトラブルが起こりがちでもある。




「準工業地域」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「準工業地域」の関連用語

準工業地域のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



準工業地域のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2018 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの準工業地域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS