提言型政策仕分けとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 提言型政策仕分けの意味・解説 

提言型政策仕分け

読み方:ていげんがたせいさくしわけ
別名:事業仕分け

行政刷新会議開催する事業仕分け新しい名称。

事業仕分けは、2009年11月に第1弾が行われ、2010年4月に第2弾、同年10月に第3弾が行われている。2011年11月20日ら行われる予定事業仕分けからは、提言型政策仕分けに名称が変更される予定になっている

従来事業仕分けでは、無駄な事業廃止削減などの洗い直し中心だったが、提言型政策仕分けでは、政策制度個別事業存続廃止などの見直し洗い直しが行われる予定になっている

関連サイト
行政刷新 - 内閣府

政策仕分け

読み方:せいさくしわけ
別名:提言型政策仕分け

政府行政刷新会議提言する、政策見直し改善に関する意見政策レベルでの「事業仕分け」であると言うこともできるが、あくまで提言であって強制力を持たない点が事業仕分けとは異なる。

2011年の政策仕分けは11月20日から23日にかけて会が催された。主な議題として、高速増殖原型炉「もんじゅ」をはじめとする原子力・エネルギーなどに関する計画見直し大学教育あり方についての再考年金制度生活保護制度見直し、などが挙げられている。

関連サイト
行政刷新会議


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「提言型政策仕分け」の関連用語

提言型政策仕分けのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



提言型政策仕分けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS