怪力乱神を語らずとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 怪力乱神を語らずの意味・解説 

怪力乱神を語らず

読み方:かいりょくらんしんをかたらず
別表記:不語怪力乱神

怪力乱神を語らず(かいりょくらんしんをかたらず)とは、「理屈では説明できないような現象存在について語らない」という意味の故事成語。「不語怪力乱神」を読み下したもの。おおむね語り得ぬことを語るべきではない」「オカルトに傾くな」という訓戒の意味を込め引用される。

原文は「論語」の第七編「述而(じゅつじ)」に登場する、「子不語怪力亂神」である。「子」は「師・先生」を意味する語であり、孔子を指す。「師は怪力乱神のごとき不思議な・超自然的なことに言及することは決してなかった」と弟子たちが記録したものである。

怪力乱神」は「怪・力・乱・神」の4要素を挙げたものである(「怪力と乱神」ではない)。一般的に怪力かいりき)」ではなく「怪(かい)・力(りょく)」と読む。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「怪力乱神を語らず」の関連用語

1
18% |||||

2
16% |||||

3
8% |||||

4
8% |||||


怪力乱神を語らずのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



怪力乱神を語らずのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS