対鶴図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 対鶴図鐔の意味・解説 

対鶴図鐔

肥後国江戸後期
鉄石目地菊花丸形毛彫地透
八一ミリ七四八ミリ
切羽厚さ五・三ミリ
特製落込桐箱
緊密に詰んだ質の良い地を天地尖りごころの竪丸形造り込み、耳際を羽根合わせて菊花状に刻み、巴状に組み合わせ鶴の間には松皮菱の紋を意匠しており、菱形に透かされた空間は上品に印象強めている。縮緬状の微細石目地と、新鮮な趣のある毛彫地鉄優雅表情作り出しており、耳には合わせ鍛えによる筋状の働き微かに窺える神吉(かみよし)派の特徴良く示されている。
対鶴図鐔




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「対鶴図鐔」の関連用語

1
74% |||||

対鶴図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山水図鍔

獅子図目貫

獅子図大小鐔

巴透図鐔

与四郎式真鍮象嵌鐔

獅子図小柄

龍図鐔

杜若紅葉図鐔





対鶴図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2017 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2017 Weblio RSS