原子力保険プールとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 原子力保険プールの意味・解説 

原子力保険プール

読み方:げんしりょくほけんプール

原子力産業における賠償責任保険として、複数保険会社により設けられた保険プール

原子力産業において事故発生した場合損害賠償莫大な額に上る可能性大きい。そのため十数社から数十社の保険会社により共同プール組織設置し、原子力保険引き受けるという措置が取られている。こうした制度日本だけでなく世界でも多く採用されている。

日本では国内二十数社で構成された保険プールの他に、世界保険プールとも再保険取引きを行っている。それでもまかないきれない場合には、国が援助することと規定されている。

2011年8月には、同年3月発生した東京電力福島第一原子力発電所原発事故を受けて、原子力損害賠償支援機構設置について規定した「原子力損害賠償支援機構法」が施行されている。

関連サイト
JCO 臨界事故の総括日本原子力保険プールに関する報告) - 文部科学省


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

原子力保険プールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



原子力保険プールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS