仲寒蟬とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 仲寒蟬の意味・解説 

仲寒蟬

仲寒蟬の俳句

あめんぼに是非来てほしい洗面器
公園のトイレが立派春うららか
夏めくや箸もて食らふスパゲテイ
桐一葉山河も欠伸したからう
海鼠切つて太古の水をあふれしむ
鳥たちに空闌けてゆく仏生会
 

仲寒蝉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/26 13:47 UTC 版)

仲 寒蟬(なか かんせん 1957年6月7日 - )は、大阪府大阪市出身[1]俳人内科医。本名、仲元司(なか もとじ)。1983年信州大学医学部卒。1996年、「港」に入会し、大牧広に師事。1997年、読売俳句大賞準賞受賞。2001年、「里」創刊同人。2004年、第一句集『海市郵便』により第20回山室静佐久文化賞受賞。2005年、「小海線」50句で第50回角川俳句賞受賞。2015年、第二句集『巨石文明』で芸術選奨新人賞を受賞。「港」「里」「群青」同人。長野県佐久市在住。佐久市立国保浅間総合病院勤務。


  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.458


「仲寒蝉」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「仲寒蟬」の関連用語

仲寒蟬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仲寒蟬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仲寒蝉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS