ヴィサギナス原子力発電所とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ヴィサギナス原子力発電所の意味・解説 

ヴィサギナス原子力発電所

読み方:ヴィサギナスげんしりょくはつでんしょ
別名:ヴィサギナス原発

バルト三国の1国であるリトアニア建設計画を進めている原子力発電所ウテナ県ヴィサギナスへの立地予定されている。

リトアニアでは2009年まで、世界最高出力を誇るとされた「イグナリナ原子力発電所」を運用していた。原子炉RBMK黒鉛減速炉)と呼ばれる炉型で、チェルノブイリ原子力発電所採用されていた原子炉同型だった。高出力である反面、安全面でのリスクが高いという特徴があり、EU要請受け入れる形で廃炉決定され、閉鎖された。

ヴィサギナス原子力発電所の建設に当っては、2011年7月現在、受注業者選定が行われている。日本の原発メーカーも、福島第一原子力発電所での原発事故発生後、初め入札参加をしている。7月14日リトアニア側は日本技術導入することを積極的に検討していることを会見表明している。

ヴィサギナス原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/11 13:39 UTC 版)

ヴィサギナス原子力発電所リトアニア語: Visagino atominė elektrinė)はリトアニアで計画されている原子力発電所。EUへの加盟契約に基づいて2009年12月31日に停止、閉鎖されたイグナリナ原子力発電所の場所に建設することが提案された。[1] イグナリナ原発の2基の原子炉は現在廃炉中である。


[ヘルプ]
  1. ^ Houlton, Susan (2009年12月31日). “Lithuania shuts down last reactor”. Deutsche Welle. http://www.dw-world.de/dw/article/0,,5074094,00.html 2009年12月31日閲覧。 
  2. ^ Hõbemägi, Toomas (2005年12月2日). “Lithuanian PM - Eesti Energia discuss plan to build new nuclear power station”. Baltic Business News. http://www.bbn.ee/Default2.aspx?ArticleID=1aa62bcc-acae-4b16-acc6-b53a32a83c91 2008年7月31日閲覧。 
  3. ^ “Three Baltic states say "yes" to nuclear energy”. ENS News (European Nuclear Society) (12). (April 2006). http://www.euronuclear.org/e-news/e-news-12/baltic-states.htm 2008年7月31日閲覧。. 
  4. ^ Ignalina NPP and the Prospects of Nuclear Energy in Lithuania”. Office of the Government of the Republic of Lithuania. 2008年7月31日閲覧。
  5. ^ a b c Adomaitis, Nerijus (2007年6月28日). “Lithuania adopts law on new nuclear power plant”. Reuters. http://www.reuters.com/article/mergersNews/idUSL2870020520070628 2008年2月25日閲覧。 
  6. ^ Adomaitis, Nerijus (2007年12月20日). “Lithuania agrees merged energy firm for nuclear plant”. Reuters. http://uk.reuters.com/article/oilRpt/idUKL2048635420071220 2008年2月25日閲覧。 
  7. ^ Adomaitis, Nerijus; Lannin, Patrick (2008年2月1日). “Lithuania vote gives boost to nuclear plant plan”. Reuters. http://uk.reuters.com/article/idUKL0179228820080201 2007年7月9日閲覧。 
  8. ^ a b “Lithuania to select investors”. World Nuclear News. (2010年11月12日). http://www.world-nuclear-news.org/newsarticle.aspx?id=28779 2010年11月18日閲覧。 
  9. ^ a b “Visaginas recognised with nuclear site name”. World Nuclear News. (2008年7月30日). http://www.world-nuclear-news.org/newsarticle.aspx?id=19138 2010年11月18日閲覧。 
  10. ^ a b Adomaitis, Nerijus (2011年7月14日). “Lithuania picks Hitachi GE for nuclear plant plan”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2011/07/14/lithuania-nuclear-idUSLDE76D10920110714 2011年7月14日閲覧。 
  11. ^ “日立製原発を推進のリトアニアで国民投票、反対意見6割を超える”. MSN産経ニュース. (2012年10月15日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/121015/erp12101520550001-n1.htm 2012年11月3日閲覧。 
  12. ^ “リトアニア「次期首相」が原発建設「計画に反対」 日本の情報開示に不満”. MSN産経ニュース. (2012年10月30日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/121030/erp12103023400004-n1.htm 2012年11月3日閲覧。 
  13. ^ “リトアニア、反原発野党が第1党 建設困難に”. 47NEWS共同通信. (2016年10月24日). http://this.kiji.is/163261024841629697 2016年10月26日閲覧。 
  14. ^ “The French or Koreans may build Lithuania’s N-plant”. Lietuvos Zinios. The Lithuania Tribune. (2010年11月16日). http://www.lithuaniatribune.com/2010/11/16/the-french-or-koreans-may-build-lithuanias-n-plant/ 2010年11月18日閲覧。 
  15. ^ “Study on environmental impact of new Lithuanian plant”. World Nuclear News. (2008年2月5日). http://www.world-nuclear-news.org/newsarticle.aspx?id=15256 2010年11月18日閲覧。 
  16. ^ “Environmental OK for Visaginas nuclear plant”. World Nuclear News. (2009年5月1日). http://www.world-nuclear-news.org/newsarticle.aspx?id=25151 2010年11月18日閲覧。 
  17. ^ Visaginas Nuclear Power Plant - Lithuania”. BankTrack. 2011年8月22日閲覧。


「ヴィサギナス原子力発電所」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヴィサギナス原子力発電所」の関連用語

ヴィサギナス原子力発電所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヴィサギナス原子力発電所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴィサギナス原子力発電所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS