マー油とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > マー油の意味・解説 

マー油

読み方:マーゆ
別表記:麻油

胡麻油と、揚げたり炒めたりして適度に焦がしニンニクを主な材料とする調味油。「焦がしニンニク油」などとも呼ばれる。特に九州熊本ラーメン香味として用いられる熊本本拠地を持つラーメンチェーン店「桂花ラーメン」では自家製香味油を「魔油」と呼ぶ。なお、中国では「麻油といえば胡麻油を指す。

マー油(まーゆ)

マー油 ニンニク揚げ、その残り香を含んだ油のこと。コク香り料理利用する。
※「ラーメン用語辞典」の内容は、2013年時点の情報となっております。

マー油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/29 09:55 UTC 版)

マー油(マーゆ)は、にんにくを主とした香味野菜各種をラードで揚げて作った香味油である。




「マー油」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マー油」の関連用語

マー油のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マー油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ぐるなびぐるなび
Copyright(C)1996-2021 GOURMET NAVIGATOR INC. All rights reserved.
ぐるなびラーメン用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマー油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS