マクロさつえいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > 撮影 > マクロさつえいの意味・解説 

マクロ撮影

読み方:マクロさつえい
【英】macro photography

マクロ撮影とは、被写体至近距離から撮影するためのモードのことである。主にデジタルカメラに備わる機能のひとつで、いわゆる接写同義語

マクロモード」に切り替えると、被写体にかなり接近してもピントの合った写真撮影でき、銀塩カメラフィルム式カメラ)では困難だった迫力のある構図を得ることができる。どの程度接近まで可能かは機種によるが、おおむね10cm以内機種によっては2cmや1cmまで接近して撮影することが可能である。

人物風景撮影する際には、必ずしも有用ではないが、草花昆虫、あるいはインターネットオークション出品する商品画像を得る際などにはマクロモード必要不可欠であるといえる

デジタルカメラスクリーン表われるチューリップマークが、マクロモードであることを示す。被写体接近できる限度は、カタログなどには最短撮影距離として表示される。




マクロさつえいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マクロさつえい」の関連用語

マクロさつえいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マクロさつえいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマクロ撮影の記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS