ベルギー銃乱射事件とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ベルギー銃乱射事件の意味・解説 

ベルギー銃乱射事件

読み方:ベルギーじゅうらんしゃじけん
別名:ベルギー東部銃乱射事件ベルギー無差別テロ
英語:Liege rampage


2011年12月13日ベルギー東部リエージュLiège中心部で発生した銃乱射事件12月14日時点少なくとも4人が死亡120名以上が負傷したと報告されている。犯人の男も死亡している。

リエージュベルギー国内でも指折り都市である。12月13日クリスマス前の多く買い物客でにぎわう街中で、男が手榴弾投げ込んだ上、銃を乱射した。

事件犯人リエージュ在住する33歳の男で、銃マニアであったという。銃や麻薬不法所持により懲役に服していた前科がある。事件当日も、警察出頭要請されており、それを拒む形で市街地に赴き犯行に及んだと見られている。

犯人の男は犯行直後現場自殺したと見られる14日現在、警察テロとの関連性を含め犯行動機調べている。

関連サイト
Liège attack: death toll climbs to six – including 'gun freak' - The Guardian, Wednesday 14 December 2011


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ベルギー銃乱射事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベルギー銃乱射事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS