ベアリングビームとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ベアリングビームの意味・解説 

ベアリングビーム

英語 bearing beam

メインベアリングキャップ下端を、または板により互いに連結した主軸受け構造メインベアリングキャップ倒れ抑制するとともにシリンダーブロック曲げやねじれを防止する。また、クランクシャフト支持剛性が向上するので、騒音低減効果が大であり、騒音低減対策として多く用いられている。ビーム部分とベアリングキャップ部を一体に鋳造成形したものと、ボルトビームを各ベアリング締結する方式とがある。単にベアリングビームと呼ぶことが多い。また、OHCエンジンにおいて、カムベアリングを互いに連結するカムベアリングビームもある。これにより、高速時の動弁系の作動がより確実になる。シリンダーブロックをハーフスカートとし、メインベアリングキャップ両側壁面連結したラダービームとは区別される。ほとんどの場合アルミニウム合金製である。また、メインベアリングメタルの当たりの改善効果期待される。

ベアリングビーム

参照 ラダービーム型ベアリングキャップ、メインベアリングキャップ
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベアリングビーム」の関連用語

ベアリングビームのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベアリングビームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS